今話題のアゴプロテーゼとは何か

アゴプロテーゼは、口の中を切開してプロテーゼと言われる人口軟骨を挿入することによって顎のラインを整えることができる手術で、美容外科で施術を受けることができます。アゴプロテーゼを行うと、輪郭や顔のラインを変えることが可能です。アゴプロテーゼを行うことで、後退している顎を前に出すことができ、横顔のバランスが変わります。顎の高さが高くなることで、鼻と顎を結んだラインに唇が軽く触るEラインと言われる理想的なラインを作りだすことができます。アゴプロテーゼを行うことで、顔の印象を知的かつ上品にすることが可能です。プロテーゼは個人の希望に合わせてオーダーメイドで作成されます。ここでは、アゴプロテーゼの手術の内容や気になる費用、痛みなど、これから施術を受けたい人が知っておくと良い知識をまとめていきます。

アゴプロテーゼはどんな手術をするのか

アゴプロテーゼの手術に用いられるのは、プロテーゼと言われるシリコン製の軟骨組織に似た医療材料です。シリコンプロテーゼは、心臓の人工弁や人工関節などにも用いられる素材で、安全性や耐衝撃性が高いことでも知られています。変形などにも強くい性質があります。アゴプロテーゼを挿入する際、口の中から切開します。そのため、外から見えるところに傷跡は残りません。プロテーゼの大きさや形を調整することによって、希望したフェイスラインを手に入れられます。挿入したアゴプロテーゼの効果は半永久的なため、継続的な通院の必要はありません。ただし、長年入れ続けることで周りの骨の変形や、周囲の顎のラインが変化してもアゴプロテーゼの部分は対応しないため、ラインが不自然になることがあります。その場合は、入れ替えが必要です。

アゴプロテーゼの手術に関する基本的事項

手術を行う時は、局所麻酔を行います。施術を受けるクリニックによっては、別料金で静脈麻酔を行うところもあります。そのため、施術中の痛みは感じることがありません。手術を行った後の腫れは、1週間から2週間程度です。手術をしてから5日から7日で抜糸を行います。患部が痛い場合は、冷やすと収まります。また、クリニックから処方される鎮痛薬もよく効きます。費用の目安は20万円から40万円ほどです。アゴプロテーゼと似た手術で、ヒアルロン酸を注入する方法もあります。施術時間は短く、痛みも少ないですが、身体に吸収されてしまうため、顎プロテーゼと比べると効果が短いです。自分の顎の大きさとプロテーゼの大きさが合わなかった時、口の開閉障害が生じることがあります。その場合は取り除いて別の材質のものを入れる方法で対処します。